家を建てるのは人生の一大事業。だからこそ家を建てることが目標になり、建った瞬間がゴール!と感じる人が多いのです。しかし家はそこからが始まりです。建った瞬間から、経年劣化という新しいスタートを切ります。

家を建てたら終わりだと思っていたのに

家は建てた瞬間から、経年劣化という新たなスタートを切る。

リフォームの相談を受けている時によく聞く言葉が、「家を建てたら終わりだと思っていたのに……」 というセリフです。

家は、木、樹脂、金属など様々な材料が使われていて、それぞれが別個のスピードで劣化をします。これらのメンテナンスのタイミングを上手に見極めて、適宜お手入れをしていくことが、効率的に我が家を長持ちさせるコツです。

タイミングを逃してしまうと、後になって多額の補修費用が掛かったり、せっかく大金を掛けて建てた大切な財産である家の価値が下がったりしてしまうことも。

しかしそうは言っても、それぞれの材料が異なるスピードで劣化するので、そのタイミングを見極めるのは難しく、またそんなにいつもメンテナンスばかりしていたら、お金と手間が掛かって仕方ないというのも本音のところ。

そこで今回は、築年数別に、よく見かける家の劣化の実例と、その時々のリフォームのチェックポイントをご紹介します。

 

築10年前後の劣化の実例とリフォームのポイント

築10年では既に遅い屋外の木部のお手入れ。南側と北側で劣化速度が違うので、よく状態をチェックして。

● 築10年前後で見られる劣化

    • 外部木部や鉄部の腐食
    • 外壁の汚れ、コケなどの付着
    • サイディングの目地の縮み、劣化
    • サッシまわりのシーリングの縮み、劣化
    • スレート屋根の塗装の傷み
    • 屋上やバルコニーの防水の劣化
    • シロアリ被害の開始
    • 全自動給湯器の故障
    • 浴室に面した洗面所、床下地の腐食 など

築10年前後のリフォームのポイント

築10年程度まで何も手を入れないでいると、はっきり劣化がわかるのが屋外の木部や鉄部です。表面だけでなく中まで腐食しているケースも少なくありません。

表面だけなら塗り替えだけで済むものが、腐食が進んでしまうと修繕に多額の費用が掛かってしまいます。早めにチェックし、お手入れをしておきましょう。

築10年目は、屋根、外壁、床下など、大切な構造部分の点検やメンテナンスの時期です。またそろそろ屋上やベランダの防水工事の保証が切れる時期でもあります。この時期にお手入れをさぼると、築20年目で大きな差が出ることを知っておきましょう。

次のページは、一見キレイ……が怖い、築20年目で1,000万円の差が!?マンションにはあって一戸建てには無いモノなど、築15年前後から築20年超のリフォームについてです。